車買取業者は代車を用意してくれない?

車買取業者は代車を用意してくれない?

 

 

車を買い替える際に、新車を購入するディーラーに下取に出すよりも、中古車買取業者に車を売ったほうが高額で売れたりとメリットも大きいです。

 

しかし、実は思わぬところにデメリットも存在します。

 

それは、今の愛車を売って、新車を納品してもらう日までの間に、車を使えない「空白」の日が生まれる可能性がある、ということです。

 

代車がなければ、車に乗れない期間が発生してしまうことになります。

 

なぜこのようなことが起こるかというと、ディーラーは新車の在庫を自社で持っているところが少ないためです。

 

基本的に注文をうけてからメーカーに発注し、そこから生産→出荷され、最終的な納品という流れのところが多いからなのです。

 

そのため、どうしても注文から納品までに一定の期間がかかってしまいます。

 

それに対して、車の売却価格は、日々刻々と変化していきます。

 

季節要因などの影響もありますが、基本的には日が経てば経つほど価格が落ちていくと考えればわかりやすいと思います。

 

そのため、買取業者はなるべく早く買い取って早く次のオーナーに売りたい!と考えています。

 

こういったギャップから、愛車を売却する日と新車が納車される日の間に、期間が空いてしまう可能性が高くなるということなのです。

 

新車を購入するディーラーに下取に出すときには、代車を用意してくれるケースがほとんどです。

 

そのため、このような空白な期間は開かないので、これは中古車買取業者に車を売る場合のデメリットと言えます。

 

 

 

代車の貸し出しをする買取店もあるため確認すべき

 

最近は、このような状況を鑑みて、中古車買取業者でもこの空白の期間に、代車を貸し出してくれるところも増えてきました。

 

しかし、中にはまだ、代車を準備してくれない業者も存在しますし、また、タイミングによっては代車が足りない等の理由から、貸し出してもらえないこともあるそうです。

 

これは日常的に車を使う方には大きな問題点ですよね。

 

もしどうしてもこういった車をつかえない空白の期間ができると困る!という方は、あらかじめ代車の貸し出しができるかについてしっかりと確認をしておくべきです。

 

また買取業者で代車が準備できなくても、新車を購入するのであれば、ディーラーが代車を準備してくれることもあります。

 

下取りに出してないという引け目を感じるかもしれませんが、ダメもとで聞いてみてもいいでしょう。

 

どちらにしても、査定の金額を出してもらう段階で代車の貸し出しの可否についても、しっかりと確認するようにしましょう。

 

また、それも含めてどの中古車買取業者を選ぶのかを決めるべきともいえますので、ご注意くださいね!

トップへ戻る